製品・サービス
PRODUCE

一体型低圧損フィルタ「薫風」

●空気搬送動力の大幅削減

製品仕様

●仕様

形式 通過風量
(m3/min)
圧力損失(Pa) 寸法(mm) 平均捕集効率
(JISB9908 形式2 比色法)
初期 終期 高さ 奥行※
CM-56-60F(-AL) 56 100以下 280以下 600 600 150 60%以上
CM-28-60V(-AL) 28 100以下 280以下 600 300 150 60%以上
CM-28-60H(-AL) 28 100以下 280以下 300 600 150 60%以上

● その他サイズについても対応します。
● ALはアルミ枠仕様とする。
※ ガスケット厚5(mm)が加わります。

●材質・使用条件

材質   濾材   不織布
  外枠

  ポリプロピレン

  ガスケット   クロロプレンスポンジ
使用条件   対象流体   一般大気(非喫煙・事務所用途)
  最高使用温度

  60℃

  連続使用最高温度   40℃
  使用瞬間最高湿度   98%RH(結露無きこと)


●洗浄回数・使用時間(条件範囲内における)

洗浄回数   3回
洗浄周期   3,650時または1年毎(非喫煙・事務所用途)
製品保証期間   洗浄3回まで


●フィルタ性能特性


●洗浄後の圧力損失回復試験によるデータ

洗浄回数 洗浄前
フィルタ圧損
(Pa)
粉塵負荷後
フィルタ圧損
(Pa)
洗浄後
フィルタ圧損
(Pa)
DHC※1
(g)
洗浄圧力損失
回復率計算
(JACA方式方式※2)
1回目粉塵負荷・1回目洗浄
(洗浄実施日:2006年8月30日)
89 280 89 350 100%
2回目粉塵負荷・2回目洗浄
(洗浄実施日:2006年9月4日)
89 280 89 342 100%
3回目粉塵負荷・3回目洗浄
(洗浄実施日:2006年9月13日
89 280 90 377 99%
4回目粉塵負荷・4回目洗浄
(洗浄実施日:2006年9月20日)
89 280 93 364 98%

※1 洗浄性能確認用の粉体としてJIS15種を使用し、同時に粉体保持容量(DHC)の確認を行いました。(CFJ開発部)
※2 同上試験方法は「JACA(日本空気清浄協会)中高性能エアフィルタの洗浄再使用に関する研究会 委員会報告」の試験方法に準じました。

顧客第一主義に徹し100年企業をめざす